行田の美味しいお店紹介

埼玉県行田市の葬儀社ヨコカワの会員さんのお店を紹介します

タグ:グルメ

毎回、はあとぴあ会員さんのお店を紹介するコーナー。
今回は国道125号線沿いにある
川魚料理の割烹 満る岡(まるおか)さんです。
img_229804
img_229804

創業はなんと明治8年(1875年)!
お話をうかがった市原 祥さんで六代目だそうです。
田山花袋の小説「田舎教師」にも登場する行田の老舗店。
お店の写真(下)の左側、旧道の横に堰があり、
その水の落ちる音から〈どかどか〉という愛称で近所の人々から親しまれて来ました。
img_228001

記者(昭和四十一年生)が小学生くらいまでは、
その音が聞けた様に記憶しています。
そんな満る岡さん、二〇〇〇年に店舗を大改装。
単なる建て直しではなく、
創業当時の柱や梁など再利用する工法を採用した為、
外観、店内共、新しいのに歴史を感じさせる=レトロモダン=な印象。
古くても善い物は受け継ぎ、
残して行く姿勢はとても好感が持てます。
町並みと調和した優れた景観(建物)を表彰する県や
市の景観賞を受賞している事も納得です。
img_228402
店内は大小宴会などを行なう広間・個室のエリアと
通常の食事をするホールのエリアに完全に分かれており、
入り口もそれぞれ別になっています。
ホールエリアはテーブルと座敷で三十席。
天井が高く開放的で広々してとても落ち着いた空間。
床暖房になっていて、寒い冬でも快適です。
また、座敷席からは風情のあるお庭の眺めも楽しめます。
img_229103

本日は「うな重 上」税込三〇二四円(肝吸い・お新香付)をオーダー。
重箱のフタを開けると、
一気に新潟産コシヒカリの湯気と香ばしいタレの香りが広がります。
主に九州産を使用するウナギは脂がのっていて、
フワフワ!お口の中でとろけてしまいます。
ご飯はホコホコで正に至福の味わいです。
昨今、ウナギ資源の枯渇が叫ばれている反面、
ウナギの生態の研究も進んでいるそうです。
研究に期待しつつ、
この食文化も後世に残して行きたいものです。
《記事・撮影/田尻昌久》
※記事内の価格は全て税込です

川魚料理・割烹 満る岡
行田市城西4-6-21
TEL 048-554-2263 駐車場20台
営業/11時から14時半  17時~21時
休日 火曜(祝祭は営業)

丸岡MAP
※ ※ ※ ※ ※
株式会社ヨコカワ
行田セレモニー
家族葬専門ファミール
お葬式のヨコカワ通信
行田の美味しい店紹介
行田のお寺を訪ねて

毎回、はあとぴあ会員さんのお店を紹介するコーナー。
今回は向町にある割烹料理店紀尾井(きおい)さんです。
img_19900102

昭和五十九年に店主の関口盛正さん・栄子さんがお店を興されて三十一年、
ずっと変わらず創業当時の味を守り続けています。
そんな紀尾井さん、自宅の夕食がわりのように足繁く通う常連のお客さんも多く、
なかには行田出身のミュージシャンも、店主と同級生のよしみでお忍びで訪れるそうです。

そんな元祖「隠れ家」的な割烹屋さん。
ちょっと緊張しながら緑の木々で彩られたお店の玄関へと向かいます。
靴を脱いで店内に入ると右側が広間になっており
カウンター内側の厨房から関口さんご夫妻が笑顔で出迎えてくださいました。
img_18510303

早速、カウンターに座り、生ビール(600円)と
紀尾井さん名物「揚げナスのあんかけ」通称=米ナス600円を注文しました。
気さくな関口さんご夫妻と会話を交わしてしていると、
明るくアットホームな店内の雰囲気に包まれて、
先程の緊張感など一気に吹き飛んでしまいます。
店内は純和風でとても落ち着いた大人の空間。
テーブル席もあり、気の置けないお仲間との会合・会食にも最適。
(宴会料理は一人3000円から)
kioi184701

さて、人気の「揚げナスのあんかけ」は、
身の締まった米ナスを油で揚げる事で果肉を柔らかくし、
ダシ汁の効いた甘辛の鳥そぼろのあんをかけたもので、
ナスの甘さとトロッとした熱々のあんが絶妙な逸品。
また米ナスと言うだけあって(?)その大きさにもびっくり。
大きいからと言って決して大味ではありません。酒の肴にもぴったりです。

他にも新鮮な魚介類やつくね焼3本(600円)など、関口さんの手料理が多数。
その出来たての肴をカウンターで直ぐに食べられる…
酒好きにとってこんな贅沢ありません。
隠れた人気料理にオリジナルのゼリーフライ(500円)も。
お店の雰囲気と相まって心もほっこり暖かくなる取材となりました。
《記事・撮影/田尻昌久》
※記事内の価格は全て税込です
img_18480204

割烹 紀尾井
行田市向町18-35
駐車場 14~15台
TEL 554-4341
営業/18時~23時 定休日/日曜・祝日

紀尾井2
※ ※ ※ ※ ※
株式会社ヨコカワ
行田セレモニー
家族葬専門ファミール
お葬式のヨコカワ通信
行田の美味しい店紹介
行田のお寺を訪ねて

毎回、はあとぴあ会員さんのお店を紹介するコーナー。
今回は押上町の中華料理屋さん「珍来(ちんらい)」さんです。

珍来さんは今年で創業39年。
先代から受け継いだ味を、
二代目の栁原秀夫さんが引退した先代と共に守り続けています。
img_263903

鮮やかなピンク色の庇をくぐって店内へと入ると早速、「ママさん」がお出迎え。
店内のレイアウトは手前に4人掛けのテーブル席が3ヶ所、奥側の小上がりに6人掛けの卓が3卓。
取材時刻はちょっとお昼から遅めに設定したのですが、店内はほぼ満席の状態。
「ママさん」のオススメもあり、
広東麺(780円 写真左奥)と酸辣湯麺(スーラータンメン)720円 写真右奥)。
遅お昼でお腹も減ったので、
ここはひとつ“ご飯物!”で えびチャーハン(720円 写真手前)の三品をオーダー。
img_119601

待っている間、メニューを見ていると珍来さんにはランチセットメニューもあり、
お好みの麺類+半チャーハンやミニ餃子などがお得なプライスで用意されています
(日曜・祭日除く。時間限定)。
さて、実食!「広東麺」はとても具沢山!
具材は人参・竹の子・ピーマン・きくらげ・白菜などの野菜と海老・イカなどの魚介類が、
トロみのついた熱々の中華あんの中で混ざり合い、絶妙なバランス。
野菜達も火が通り過ぎず、シャキシャキ感満載です。麺は〈太麺〉で歯応えもバッチリです。
「酸辣湯麺」の方も、白菜・しいたけ・きくらげなど野菜満載!
独特な酸味と辛みに玉子の舌ざわりが加わったピリ辛すっぱのスープと相まって一層、食欲を誘います。
一方、「えびチャーハン」は、とても懐かしい味。
塩加減も丁度よく、米粒も口の中でほぐれて、海老の歯応えもプリップリ!
味もさる事ながら、珍来さんで印象的だったのは、やはり〈人〉。
店の中で、お客さんを交えて会話するアットホームな雰囲気が、珍来さんの魅力です。
《記事撮影/田尻昌久》
※記事内の価格は全て平成27年取材時のもので税込です
img_120202
中華料理 珍来
行田市押上町16-11  TEL 554-6574
駐車場6台
11時半~14時半 17時~21時  休日 水曜
珍来
※ ※ ※ ※ ※
株式会社ヨコカワ
行田セレモニー
家族葬専門ファミール
お葬式のヨコカワ通信
行田の美味しい店紹介
行田のお寺を訪ねて

毎回、はあとぴあ会員さんのお店を紹介するコーナー。
今回は持田の国道十七号バイパス近くにある焼肉屋さん「ホルモン大学 行田店」さんです。

店主の吉村智秀さんが、
市内の別の場所で出店されたのが平成六年、現在の場所で平成十年から営業されています。
店内に入って奥に進むと、右側に四人が座れる小上がりの席と、
左側にはプライバシーに配慮したボックス席があります。
店内奥には最大二五名まで座れる座敷席があります。

早速、生ビール(メガ)¥870とお肉は得プレート¥3920をオーダー。
待望のお肉の到着を待つ間、生ビールで乾杯してノドを潤します。
程なく、まずは真っ赤に焼けた炭の入った「七輪」が到着!
いやが上にもボルテージは最高潮!
そして…待ちに待ったお肉の登場です。
horumon0202

得プレートは、牛ロース・カルビ・ハラミ・トントロ・豚カルビ・イカ・ホタテ
それに野菜が盛り合されたその名の通りの得した気分が味わえる一皿。
ホルモン大学さんのお肉は、とても新鮮!
そのお肉を炭火で焼いていただきます。

炭火の上の網の上で「ジュ~ジュ~」音を立てて焼けるお肉から出る煙。
これも炭火焼の醍醐味です。
horumon0101

このお肉を楽しむタレは三種類。ひとつが甘辛い味噌ダレ。
もうひとつがあっさりの醤油ダレ。
更にもうひとつが自家製のオニオンガーリックソース。
酸味とガーリックが程よく効いた女性向きの味。
どれを選ぶかは、あなた次第です。

また、こちらのお店はご飯類に加え、カルビラーメン¥670(写真・上)など、
麺類のメニューが豊富なのも特徴のひとつ。
horumon0303
大人から子供まであらゆる味覚とお腹を満足させてくれます。

「!」せっかくホルモン大学さんの取材に来たのに、
「お肉」で満腹になってしまい、肝心のホルモンをいただいてませんでした… 
近々、再び入学させていただき、本命の「ホルモン」の方も是非「受講」したいと思いマス。

 《記事・撮影 田尻昌久》
※記事内の価格は全て平成27年取材時のもので税別です

img_05310104
行田市持田2-1-32 TEL 554-9964 駐車場9台
17時~23時  休日 水曜(祝日は営業)
ホームページ http://www.horumonyakiniku.com/
ホルモン大学
※ ※ ※ ※ ※
株式会社ヨコカワ
行田セレモニー
家族葬専門ファミール
お葬式のヨコカワ通信
行田の美味しい店紹介
行田のお寺を訪ねて

毎回、はあとぴあ会員さんのお店を紹介するコーナー。
今回は城西の国道125号号沿いにあるラーメン屋さん城西食堂さんです。
zyosai0404
創業から約四十年。
ずっと同じ創業当時の味を守り続けています。
駐車場から、のれんをくぐって店内に入ると、
正面にカウンター席、左側にテーブル席右側には広々とした座敷席があります。
店内は明るく、とても清潔感があります。
zyosai0303
早速、店主 田中惠津子さんお勧めのAセット900円五目ラーメン800円を注文。
到着を心待ちに店内を見渡すと客層がとても幅広い!
お友達と思われるおじいちゃん、おばあちゃん四人連れもいれば、小さい子供連れの家族。
職人さんのグループやカウンターでひとりでラーメンを食べる営業マンの姿も…
マンガを読む人もいれば連れと談笑する人、
みなさん思い思いのお昼を過ごしています。
こんなに様々な人達が同じ所に集うお店も珍しいのではないでしょうか?  

さて、Aセットは城西食堂の定番・城西ラーメンと半チャーハンのセット。
zyosai0101
城西ラーメンは細めんか手打ち麺のいずれかの麺をお好みで選びます。
具材はとてもシンプルで、
ワカメ、なると、メンマ、絹さや、そしてチャーシューがトッピングされています。
昔懐かしいラーメンの王道と言った感じです。
厳選した煮干しと鶏ガラを使用したスープは醤油ベースでとても味に深みがあります。
チャーハンもこれまた懐かしく程良く塩が効いていて口の中でほぐれます。

一方、五目ラーメンは具材にハム、なると、メンマとワカメ煮卵とチャ-シューが入って、とても豪華。
zyosai0202
こちらは塩味がベースになっています。
各々の具材の食感と味がスープと良くマッチしています。

もちろん紹介した以外にもニラレバ炒め700円カレー620円など多彩なメニューがあり、
幅広い年齢層、職種の胃袋を満足させ、支持され続ける秘密を垣間見れた気がしました。

 《記事・撮影 田尻昌久》
※記事内の価格は全て平成27年取材時のもので税別です
zyosai0505
城西食堂(城西ラーメン)
行田市城西3-7-21
TEL 556-1027  駐車場15台
11時から14時 17時~21時   休日 水曜
城西食堂
※ ※ ※ ※ ※
株式会社ヨコカワ
行田セレモニー
家族葬専門ファミール
お葬式のヨコカワ通信
行田の美味しい店紹介
行田のお寺を訪ねて

↑このページのトップヘ