行田の美味しいお店紹介

埼玉県行田市の葬儀社ヨコカワの会員さんのお店を紹介します

タグ:そば

会員さんのお店を紹介するコーナー。
今回は天満にある あんど さんです。
img_182204

店舗は元々、足袋蔵として使用されていた「奥貫蔵」を
店主の樽見さんがお蕎麦屋さんに改装して開業し、一年半が経ちます。
樽見さんは東京・恵比寿の日本料理店で十四年程修行され、
開業を機にご夫婦の故郷、行田に戻られました。
修行の後期三年は、系列のお蕎麦屋さんで腕を磨かれたそうです。
img_184303

店内はカウンター席と奥に座敷、二階はテーブル席になっています。
img_183807

外観の土蔵創りからは想像出来ない程店内は明るく天井も高く開放的。
梁などはそのまま使われているので歴史が感じられます。
img_184002

調度品などにも樽見さんのこだわりを感じます。
img_183908

ちょうど時刻はランチタイム。
ランチメニューの中から天ぷらセット1300円と
親子丼セット1000円無農薬人参ジュース500円をオーダーしました。

待つ間、樽見さんからお話を伺いましたが、
印象深かったのがその食材へのこだわり。
特に野菜は主に小川町にある提携農園から仕入れ、
全国各地の珍しい野菜も独自のルートで入手し、
お料理に彩りを添えています。
生で提供する物は無農薬を心掛けているとか…。
img_183506

天ぷらセット(写真上)の天ぷらはサクッと揚がっていて
各々の素材の香りと持ち味が楽しめます。
全て野菜の天ぷらなのですが、
物足り無さを全く感じさせません。
img_183205

一方、親子丼セット(写真上)の親子丼には
岩手県産の「あべどり」の鶏肉を使用。
鶏の臭みが無く、噛み応え抜群。噛む度に肉の旨味が口の中に広がります。
卵も濃厚でフワッと仕上がっています。
また、あんどさんの蕎麦の蕎麦粉は福井県産。
ノドごしも良く蕎麦好きにはたまりません。
人参ジュースは鮮やかなオレンジ色。
人参の甘みもあり一緒に入っているリンゴとの相性ぴったり!
年末には、美味しい「新蕎麦」が楽しめそうです
《記事・撮影/田尻昌久》
※記事内の価格は全て税込です
img_181901

蕎麦・創作料理 あんど
行田市天満3-13 P12
TEL 048-553-3110
営/ ランチ 十一時半~十四時
   ディナー 十七時半~二十一時半
休/月曜・第二火曜
あんど

※ ※ ※ ※ ※
株式会社ヨコカワ
行田セレモニー
家族葬専門ファミール
お葬式のヨコカワ通信
行田の美味しい店紹介
行田のお寺を訪ねて

毎回、はあとぴあ会員さんのお店を紹介するコーナー。
今月は若小玉の国道125号沿いにある、おそば屋さん、そば処 「竹次(たけじ)」さんです。
img_085402

店主の落合 竹次さんが、現在の場所にお店を出されたのが14年前の事。
お店の外観は昔ながらのおそば屋さんと言う感じ。
入口の格子戸の脇に植えられた竹の青さが印象的。

店内は向かって右側の小上がりに四人掛けの卓が三卓。
中央に四人掛けのテーブルが二つ。左奥に調理場とシンプルなレイアウト。
img_086104

単品のうどん・そばも良いですが、ここはお約束のランチメニューの中から二品をオーダー。
一品目は、もりそばと野菜天ぷら・五目御飯(800円・写真上)。
二品目は、もりそばとカレーライス(850円・写真下)。
もりそばは、うどんに変える事も出来ます。
そばとうどん、いずれも落合さんの手ごね、手打ちによる物。
そば粉は主に北海道産の物を使用しているそうです。
国産そば粉を使った手ごねそば、おのずと期待も高まります。
img_085301

さて、頂いた感想ですが、その期待を裏切らず歯応え、のどごし共に大満足。
そばつゆは、少し甘めで鰹の風味も程よく、
そばの風味を消さず相性バッチリ!とてもバランスが良い感じ。
野菜の天ぷらはナスやカボチャなど野菜がさっくりと揚がっています。
また、五目御飯は、昔懐かしいおふくろの味という感じ。
生まれ故郷を思い出す人もいるかも?そ
して、カレーライスも竹次さんの隠された逸品!
落合さんは以前、洋食屋さんでの調理経験もあるのがその理由とか…。
いわゆる「おそば屋さんのカレー」とはちょっと違います。
なお、カレーうどん(そば)のつゆは、これとは異なるそうです。
そう聞くと興味津々。今度はそれを…
イヤ、そばは捨て難い…。では、その両方を! 
…それは、ウチのヨメが絶対に許しません…。
肥満対策で…。はぁ…(涙)

《記事撮影/田尻昌久》
※記事内の価格は全て平成27年取材時のもので税込です
img_086203
そば処 竹次
行田市若小玉2493-1 TEL 555-1177
駐車場4台
営 11時~13時半  不定休(ほぼ無休)
竹次MAP
※ ※ ※ ※ ※
株式会社ヨコカワ
行田セレモニー
家族葬専門ファミール
お葬式のヨコカワ通信
行田の美味しい店紹介
行田のお寺を訪ねて

毎回、はあとぴあ会員さんのお店を紹介するコーナー。
今回は熊谷市太井の国道17号沿いにあるそば屋とホルモン店を併設している「澤(さわ)」さんです。

オーナーの澤田好司さんが、「そば・和食処 澤」としてこの場所にお店を出されて今年で11年になります。
お店の外観は純和風でいかにも和食屋さんという感じ。
駐車場には「鬼」をデザインにした看板があり、これも目印です。
img_076203

店内も座敷席ありテーブル席もありで、こちらも純和風。
とても落ち着いた雰囲気で、ゆっくりと食事が楽しめます。
img_078604
お勧めは?とお聞きした所、おに天そば950円との事なので、即オーダー。
さらに、田舎汁うどん600円の計二品を注文。
時刻はちょうどお昼時。
先程まで数名しかいなかったお客さんも徐々に増え、やがてほぼ満席に…。
澤田さんの奥さんに聞くと、近隣の会社などから歩いてランチに来る人が多いそうです。
000202
そうこうしている間に立て続けにオーダーしたそばとうどんが到着。
どちらも、その盛りの良さにびっくり!
onitensoba2
おに天そばの名の由来は、
正に「オニ」の様に天ぷらとそばが盛られているコトでしょうか?
天ぷらは、なす・南瓜・さつまいも・いんげん・海老・イカの6種類!
そのどれもが揚げたてのホクホク&サクサク。
海老はプリプリ、イカも柔らかです。
そばは栃木県日光産のそば粉を使用していて、
平打ちでコシもしっかりして噛み応えがあります。
量も味も大満足。
inakaziru2
一方、田舎汁うどんの方は、
温かい醤油ベースの田舎汁にうどんを浸して食べるシンプルな一品。
具材でしめじや油あげが入っていて、
うどんもツルツル・シコシコで歯応えがとても良く、
どこか懐かしいホッとするお味です。

また、「澤さん」で驚かされるのは、メニューの品揃えの多さ。
寒い季節、「鍋焼きうどん」・「ほうとう」など、とても気になる物ばかり!

次に向かったのは隣の「ホルモン 澤」さん。
こちらをオープンしたのは二年前。
「そばの澤」さんと駐車場は共用で、開店は午後六時。
夜間のみの営業となります。
000505102

店内はテーブル席のみでカウンターを含め約二十席。
狭すぎず広すぎず丁度良い広さ。
気が置けない友人との会食に最適です。 
000101205

一般的にホルモン焼というと、店内が煙もうもう――。
というイメージ(それはそれでいいのですが…)で女性に敬遠されがちですが、心・配・御・無・用。
ホルモン 澤さんでは、
排煙装置がガスコンロの真上に設置されていて煙はほとんど気になりません。
女性やお子様連れでも大丈夫です。
000404 (1280x853)
メニューの品揃えも豊富。
肉、ホルモン、常時十六種。
価格の一例としては、白もつ350円、ハツ350円、かしら380円など。
早速、澤セット1800円(写真)をオーダー。
ホルモン4点と豚カルビが一皿に盛られ一度に5種類のお肉が楽しめます。
取材時の4種の内訳は、白もつ、かしら、レバー、ハツでした。
000202106
どれも色が良く新鮮です。
他に、大根サラダ500円、鳥せせり(希少部位)とナンコツ。
いずれも350円もオーダー。
さあ!焼き始めます!
00030301
ホルモンは、やはり焼いている間のジュージュー音と漂う香りがたまりません。
焼き上がった物から、自慢の自家製の味噌ダレをつけていただきます。
甘辛くてゴマの風味もあり、熱々のホルモンに良く合います。
一方、ナンコツと鳥せせりはタレにつけず、そのまま塩味で頂きます。
せせりは鶏の首の部分。
コリコリ・シコシコの歯応えでとても美味。  
こうなると欲しいのは飲み物。
澤さんはアルコール類も豊富。
お勧めは… 生ビール(メガ)900円!自信のある方は是非!

 《記事・撮影 田尻昌久》
※記事内の価格は全て平成27年取材時のもので税別です
000101

そば 和食 ホルモン 澤
熊谷市太井1446-1
℡048-524-883
《そば》11:30~14/18~21
《ホルモン》18~21時
月・火休 駐車場10台
sawamap
※ ※ ※ ※ ※
株式会社ヨコカワ
行田セレモニー
家族葬専門ファミール
お葬式のヨコカワ通信
行田の美味しい店紹介
行田のお寺を訪ねて

葬儀社ヨコカワ(行田セレモニー・家族葬ファミール)の会員さんのお店を紹介するコーナー。
今回は谷郷郵便局裏手に去年九月にオープンした「うどん・蕎麦工房 三昧(ざんまい)」さんです。
IMG_0184 (640x427)
オープンして約1年ちかく、小さな静かなこのお店、
なんと店主の小林 啓一さんが趣味で始めたと言うから驚きです。

元来、多趣味でいらした小林さん。
ゴルフやスキー、そして、このうどん、蕎麦打ち。
それらの趣味を通じて知り合ったお仲間に、機
会があると「うどん、蕎麦」を振舞い、
その方々からの後押しもあり、お店を開くことになりました。
IMG_0194 (640x427)
民家を一軒、丸々リフォームしただけあって、
ガラス張りの麺打処もあり、
客席は座敷十人とテーブル六人と四人の個室と、店内は明るい雰囲気。
早速「肉汁うどん」550円と「もりそば」700円を注文。
他のメニューとしては「きのこ汁うどん」550円や「もりうどん」450円など。
他に季節限定の品もあり、四季を楽しむ事もできます。
また、席に着くと小林さんの奥さん手作りの、
旬の野菜を使った煮物が「お通し」として出され、こちらも季節感たっぷり。
IMG_0192 (640x427)
そうこうしている間に注文した2品が到着。
肉汁うどんは熱々の肉汁に冷たいうどんをつけて食べるスタイル。
うどんは、つるつる、しこしこで歯ごたえも良く、肉汁との相性良く、
とても美味しくいただきました。
IMG_0187 (640x427)
もりそばは、蕎麦の風味をそばつゆが引き出すスタイル。
蕎麦独特のノド越しが楽しめます。
小林さん、粉にはこだわりがあり、
そばには北海道産の「深山」と言う蕎麦粉を使用しているそうです。
IMG_0191 (640x427)
元々、ご近所お仲間との憩いの場として「三昧」を作られた小林さん。
お仲間同士の口コミで徐々にお客様が増えたとか…。
更に多くの方々から会合や集いの要望があり、
新たに1000円~2000円のコースを始めたそうです。
こちらは、5名以上で3日前までの「予約」が必要ですが、
近々お仲間との会合の予定がある方は是非「三昧」さんまでお問合せください。
《記事・撮影 ㈱ヨコカワ 1級葬祭ディレクター田尻昌久》   
三昧
うどん・蕎麦工房 三昧
行田市谷郷1 -13-29  P8台
℡048-556-2822
営業日 水・木・金・土曜日
11時30分~13時30分
※他の曜日・時間 相談可

葬儀社ヨコカワ(行田セレモニー・家族葬ファミール)の会員さんのお店を紹介するコーナー。
今回は門井町のそば屋・尾張屋さんです。

P9142599
店主の岸 誠さんは、東京中野の尾張屋総本店で十年修行し、
昭和六十年に行田でお店をオープンしました。
以来、おいしさにこだわり続け二十七年になります。
 

尾張屋さんのそばの特徴は色。
そば粉の芯の部分だけで挽いた贅沢なそばは、艶やかな白色。
つるつるとした爽やかな味は、
そば独特の風味やモサモサ感が苦手な人にはお薦めです。
 

そしてお店の名物料理となっているのが、
お餅の天ぷらがセットになっている萬蔵(まんぞう)そば 950円。
P9142597
「萬蔵」とは大正初期の尾張屋総本店店主・志村萬蔵氏の名から取ったもの。
当時、店で修行していた店員達の故郷から、
毎年暮れになると沢山の餅が送られてきました。
母親代わりの萬蔵の妻タイは、
それをありあわせの野菜と一緒に揚げて熱いつゆそばの中に落とし、
一仕事終えて腹を空かした店員達におやつ代わりに食べさせたのが始まりだといいいます。


さっそく萬蔵そばを注文すると、
そばのボリュームに驚かせられます。
そして大きな生姜の塊におろし金。
そう、お客さんの好きな量だけ摺って入れられるのです。
気になる天ぷらは、お餅・椎茸・人参のかきあげと、
鶏肉の大葉巻が一口サイズにカットされていて食べやすくなっている。
昆布のダシがきいた濃いめのツユに浸し、
摺ったばかりの生姜をつけて食べると実にうまい。
そばがサッパリしているのでその相性は抜群です。
さらに麺類を注文した方には、ミニライスがサービスでつくのがうれしい。
P9142601
 《記事・撮影 ㈱ヨコカワ 1級葬祭ディレクター:横川英士》
 P9142594
そば処 尾張屋
℡553‐1303 ◆行田市門井町1‐1217
 
JR行田駅前通りからまっすぐ、新幹線の高架手前です。駐車場あり。

◆営業時間  11時から15時 17時から20  木曜定休
尾張屋MAP200%
お葬式の行田セレモニー
家族葬のファミール行田

株式会社ヨコカワ
埼玉県行田市行田11-33
℡048-556-6258

↑このページのトップヘ