行田の美味しいお店紹介

埼玉県行田市の葬儀社ヨコカワの会員さんのお店を紹介します

カテゴリ: カフェ・レストラン

葬儀社ヨコカワ(行田セレモニー・家族葬ファミール)の会員さんのお店を紹介するコーナー。 
今回は2012年5月にオープンしたばかりのお店、
行田市棚田町のガーデンカフェ「ソフィーズ ガーデン」さんです。
shop-outsaid (800x533) (2)

閑静な住宅街の中にありながら、
通りから見たお店の印象は、まるで森の中にあるお洒落な洋館です。

オーナーの染谷孝子さんは、元々、服飾業の経営もされていますが、
生来の「お花が好き」と言う想いが高じてお店を始められたそうです。
単に趣味ではなく、染谷さん、店長の小檜山さん共に、
名立たるガーデニング大会で入賞実績が多数ある腕前。
そんなスタッフさんが精魂込めて、
手入れをされたお庭を愛でながらのランチ、期待はおのずと高まります。

ランチメニューは通常AとBの二種類。
shop-A-lunchi (800x533) (2)
Aランチ(写真上)1280円はガレットとキッシュがメイン。
shop-B-lunchi (800x533)
Bランチ(写真上)1100円は十五穀パンとキッシュがメインで、
どちらにもサラダ・スープ・デザート・コーヒー又は紅茶が付きます。
IMG_7655 (800x533)
更に金曜日限定Cランチ1280円。焼きカレーとキッシュがメインです。

極めつけは、サラダ等の野菜は提携農家から、直接仕入れ。
又、ガレットに使われている「ソバ粉」の配合割合も試行錯誤の末に決められたとか…
どのお料理にもこだわりが感じられます。

メニューのほとんどが、お店の手作り。
「旬の食材」を生かしたいとの想いから、
キッシュやスープの具材やケーキの種類は、
日によって異なるそうです。
まさに、「一期一会」のお料理と言う事です。
綺麗なお庭で目と心を癒され、
美味しいお料理でお腹も満たされ、
至福のときが過ごせる事、間違い無しです。

又、こちらでは〈ハーブ&アロマ教室〉〈ハンギング教室〉など随時開催されています。
園芸・ハンギングなどに興味のある方は是非、参加されては如何でしょうか?    
 《記事・撮影 田尻昌久》
shop-inB (800x533)
shop-inA (800x533) (2)
ガーデンカフェ ソフィーズガーデン
行田市棚田町1‐24-2 P8台
℡501‐6884 営業時間 11時~17時
定休 月・火・日曜日 ランチタイム 11:30~14時
※営業時間は変更する場合もありますので事前にお店に確認下さい
ソフィーズガーデン2

※ ※ ※ ※ ※
株式会社ヨコカワ
行田セレモニー
家族葬専門ファミール
お葬式のヨコカワ通信
行田の美味しい店紹介
行田のお寺を訪ねて

葬儀社ヨコカワ(行田セレモニー・家族葬ファミール)の会員さんのお店を紹介するコーナー。
今回は、新町アーケードにある洋食屋さん、「レストラン ミヨシ」さんです。
IMG_9719 (640x427)

現在、お店を切り盛りしている横山 直俊さんが、
先代の父 俊夫さんからお店を引き継いだのが三年前。
都内のホテルやレストランで自ら培った経験を、
新しいメニュー作りに生かしています。
IMG_9712 (640x427)
今回取材で頂いたのは、
正に伝統の味、一番の人気メニュー
オムライス 900円
行田特産の青大豆〈行田在来〉を使用した
青大豆ポタージュ 350円。
オムライス900円 青大豆ポタージュ350円 (640x427)

「青大豆ポタージュ」は
直俊さんが新しくメニューに追加した一品です。
〈行田在来青大豆〉とは、
大豆の一種で、
かつては行田近辺で自家消費用の「あぜ豆」として栽培され、
昭和五十年代に一旦は姿を消しましたが、
再び脚光を浴びて復活し、
年々栽培面積を増やしつつあります。
ほんのり青く大粒で、
甘みが強いのが特徴です。

さて、その「青大豆ポタージ」のお味は…、
まず、淡いグリーンの色彩が印象的。
濃厚なのに後味はさっぱりしています。
青大豆の香りと鮮やかな色合いを残すのが至難の業だそうです。

「オムライス」の方は誰しもが持つ懐かしい思い出の味。
ホッと安心できるそんな味で
一番注文が多いと言うのもうなずけます。

また、「ミヨシ」さんでは、
最近平日のランチタイムに合せて、
日替りランチや、
数量限定のワンコインランチ 500円(税込)も始めたそうです。
内容は、和・洋・中のどれに出会うかは運次第!
増税後に500円で満腹になれるのは、我々サラリーマンには貴重です。

お店の二階にはお座敷もあり、
二十人程度の宴会も可能です。
予約の上、御相談ください。
IMG_9701 (640x427)

先代、先々代と同じ場所で食堂を営んでいる横山さん。
屋号を「ミヨシ」と変えてからは六十年近くになるといいます。
先代から伝わる伝統の味を守りつつ、
新しい味作りにも果敢に挑戦し続ける「ミヨシ」さん。
親子三代で訪れても、みんな笑顔になれるはずです。
《記事・撮影  ㈱ヨコカワ 1級葬祭ディレクター 田尻昌久》
ミヨシ

レストラン ミヨシ
行田市行田11―28(新町アーケード通り)
℡556‐2412
十一時~二十時 月定休
P4台

※ ※ ※ ※ ※
株式会社ヨコカワ
行田セレモニー
家族葬専門ファミール
お葬式のヨコカワ通信
行田の美味しい店紹介
行田のお寺を訪ねて

葬儀社ヨコカワ(行田セレモニー・家族葬ファミール)の会員さんのお店を紹介するコーナー。
 今回はは行田(新町アーケード)にあるカフェ(喫茶店)「カフェ閑居」さんです。
kankyo_outside (640x427)
 家族葬式場ファミール行田〔あらまちルーム〕の丁度お向かいになります。
 オーナーの朽木さん夫妻がここにお店をオープンしたのが、平成16年のこと。今年で十年目となります。
kuchiki_hiroshi (640x426)
店舗として使われている木造の建物は、
初代の行田市長・奥貫賢一氏の邸宅を建築家である朽木宏さんが改装。
奥様の恵子さん自慢の手作り料理とケーキを
ゆっくりと召し上がってもらえる空間として開店しました。


店内は、昭和の趣きが残る純和風な造り。
畳み敷きの客席は掘り炬燵式なのでゆっくり足がおろせます。
kankyo_room (640x427)
席に着き、庭に目を移すと広々とした新緑も眩しい日本庭園。
どれも歴史と風格を感じさせる落ち着いた雰囲気の中、
心身共にリラックスできます。店の名前、「閑居」にぴったりです。

早速『季節のパンプレート(写真)1350円』と
『季節のごはん膳・1380円』を注文しました。
取材日は午前中にもかかわらず、ほぼ満席。

 『…パンプレート』の方はグラハムブレット(全粒粉パン)と
サラダ・スープがベースで、あと二品をメニューの中から選びます。
kisetuno_panpure-to_1350 (640x427)
今回はスモークサーモンとグラタンを選びました。
グラタンはとてもクリーミー。スープも具沢山です。
スモークサーモンはサーモンの本場、ノルウェー産。
グラハムブレットはプレーンとドライフルーツ入りの二種があり、
元々は「閑居」さんのキッチンで焼かれていたそうです。
 『…ごはん膳』の方は日によって変動がありますが、
しらすご飯・カジキフライ・大根の煮物・玉子焼・サラダ・お味噌汁でした。
どれも、素材の味を引き出すあっさりとした味付け。

せっかく(?)なので、食後は「閑居」さんの定番『抹茶ロール(ケーキ)400円』も戴きました。
macha_roor_400en (640x427)
こちらも手作り。甘さひかえめで、食後のコーヒーにぴったりです。


お店の奥には朽木さんの建築事務所兼ギャラリー『門(かど)』があります。
ここでは多様な催しが開かれています。
さらに敷地内には手作りパン屋『rye(ライ)』がオープン。
閑居さんの帰りにお土産に立ち寄るマダムも多数。
食事だけではなく、いろいろ楽しめる「閑居ワールド」になっております。
《記事・撮影  ㈱ヨコカワ 1級葬祭ディレクター 田尻昌久》
閑居


 Cafe 閑居 ℡048―556―2052
◆行田市行田7‐3 ファミール行田向かい 駐車場完備
◆営業時間 11時~16時 第2・第4日曜日

※ ※ ※ ※ ※
株式会社ヨコカワ
行田セレモニー
家族葬専門ファミール
お葬式のヨコカワ通信
行田の美味しい店紹介
行田のお寺を訪ねて

葬儀社ヨコカワ(行田セレモニー・家族葬ファミール)の会員さんのお店を紹介するコーナー。
今回はカフェ(喫茶店)「日和cafe」(ひよりかふぇ)さんです。
行田の中心を走る交通量の多い国道125号線から
細い一方通行の路地を入ると、
そこには時間の流れがゆっくりになった様に錯覚させられる町並みが現れます。
その町並みにぴったりと溶け込んだ一軒のトタン屋根の
築40年程の古民家風の建物。
そこにオープンした「日和cafe」さんがあります。
IMG_5642B

実はこのお店は、
お店のオーナーである関さんのおじいさんの家の隣にあります。
当初は取り壊す事も検討されたそうです。
それを、自ら、外観はそのままで屋内を改装し、
永年の夢だった『店をもつ』ことの実現につながったそうです。
今回頂いたのは、「バナナキャラメルナッツタルト」
「りんごとくるみのシナモンパウンド」のそれぞれのハーフサイズと、
意外と男性にもファンが多いと勧められた「
フレーバークリームソーダー(パッションフルーツ)650円」の3品。
このスイーツ、すべて関さんの手作り!
IMG_5630B

原材料の小麦粉・バター・砂糖に至る迄、
一切妥協せず、仕込みは夜中迄かかる事も、珍しくないそうです
そんな愛情の込こもったケーキ、美味しくないはずがありません。
感想は、ひとつひとつの素材の味が互いに邪魔する事なく、
引き立て合う感じ。
極甘が苦手な男性でも、きっと気に入るはずです。
店内のインテリアも自分で選んだと言います。
IMG_5632B

こちらも歴史を感じさせる古さで店の雰囲気とぴったり。
まるで、落ち着いた「おとなの隠れ屋」とでも言うべきお店でした。
お出掛けの際は、不定期休もあるので、
お電話で確認してからが、確実です。
《記事・撮影  ㈱ヨコカワ 1級葬祭ディレクター 田尻昌久》
日和cafe
日和cafe
℡048-501-6516
行田市行田2‐12 足袋とくらしの博物館向
 ※駐車場は坂詰歯科医院様Pを利用下さい
営業時間 12時~19時 休日 月・火曜日

※ ※ ※ ※ ※
株式会社ヨコカワ
行田セレモニー
家族葬専門ファミール
お葬式のヨコカワ通信
行田の美味しい店紹介
行田のお寺を訪ねて

葬儀社ヨコカワ(行田セレモニー・家族葬ファミール)の会員さんのお店を紹介するコーナー。 
今回はちょっと足を伸ばして熊谷市上之にあるレストラン「green green」さんです。
IMG_5866 (640x427)

映画「のぼうの城」で一躍、有名になった忍領主、成田氏の邸宅は
このお店の周辺にかつてあり、近くには「成田」という地名が残っています。
シェフの平塚貴之さんがフランス料理店やイタリア料理店、
結婚式場の調理場で十年程修行し、
ここにお店を出して今年で五年目になるそうです。
IMG_5870 (640x427)

お店に入ると、平塚さんのお母さんが温かく出迎えてくれました。
繁忙期には、こうしてお店のお手伝いをされているそうです。
お店は南向きで陽が店内に差し込み、明るく落ち着いた雰囲気。
早速「べーグルランチ750円」と「パスタランチ950円」を注文しました。

ランチメニューは、食材の旬や仕入れの状況で週替わりとなります。
今回はべーグルが「ツナとアボガドのシーザーサンド」、パスタが「ほうれん草とベーコンのクリームソース」を頂きました。
IMG_5852 (640x427)

べーグルの方は、ランチとは別にお持ち帰りメニューもあり、
電話注文で来店時間を打ち合わせれば、
作りたてを待たずに持ち帰る事が出来ます。
べーグルは手作りの為、一日に作れる数が決まっているので、
注文時に御確認下さいとの事です。
気になるお味は…
べーグルは、特有の歯応え、モチモチ感も充分。
ツナとアボガドとのバランスも絶妙で、
今回一緒に取材に訪れた当社の女性スタッフもひとくちで、お気に入りに追加!!
IMG_5857 (640x427)

パスタの方も、
クリームソースの白をバックにほうれん草の鮮やかな緑とベーコンのピンクが彩りを添え、
とても美味しそうな予感…。
食してみればソースが滑らかでパスタの食感と相まって予感が実感に変わります。
また、ランチに一緒に出されるサラダのドレッシングやスープも手作りで、
細部まで手を抜かない平塚さんのこだわりが感じられます。
ランチはプラス200円でコーヒーまたは紅茶とミニデザートが付くのも
食いしん坊には嬉しいところです。
今回はランチメニューを取材させて頂きましたが、
シェフの平塚さんによれば
「肉料理など他のメニューもたくさんあり、
コースメニューの御用意もありますので、是非、御来店下さい。」
との事です。
ちょっとしたミニパーティーに利用したり、
大切な人や気の合う友人達とお出かけになってはいかがでしょうか。

《記事・撮影 ㈱ヨコカワ 1級葬祭ディレクター:田尻昌久》 

IMG_5846 (640x427)

グリーングリーン
℡527‐0231
熊谷市上之565-3 成田小学校向かい P7台
営業時間 11時から22時 (オーダーストップ21時半)
定休日 水曜日

greengreen
お葬式の行田セレモニー
家族葬のファミール行田

株式会社ヨコカワ
埼玉県行田市行田11-33
℡048-556-6258

↑このページのトップヘ