行田の美味しいお店紹介

埼玉県行田市の葬儀社ヨコカワの会員さんのお店を紹介します

カテゴリ: そば・うどん・ラーメン

会員さんのお店を紹介するコーナー。
今回は天満にある あんど さんです。
img_182204

店舗は元々、足袋蔵として使用されていた「奥貫蔵」を
店主の樽見さんがお蕎麦屋さんに改装して開業し、一年半が経ちます。
樽見さんは東京・恵比寿の日本料理店で十四年程修行され、
開業を機にご夫婦の故郷、行田に戻られました。
修行の後期三年は、系列のお蕎麦屋さんで腕を磨かれたそうです。
img_184303

店内はカウンター席と奥に座敷、二階はテーブル席になっています。
img_183807

外観の土蔵創りからは想像出来ない程店内は明るく天井も高く開放的。
梁などはそのまま使われているので歴史が感じられます。
img_184002

調度品などにも樽見さんのこだわりを感じます。
img_183908

ちょうど時刻はランチタイム。
ランチメニューの中から天ぷらセット1300円と
親子丼セット1000円無農薬人参ジュース500円をオーダーしました。

待つ間、樽見さんからお話を伺いましたが、
印象深かったのがその食材へのこだわり。
特に野菜は主に小川町にある提携農園から仕入れ、
全国各地の珍しい野菜も独自のルートで入手し、
お料理に彩りを添えています。
生で提供する物は無農薬を心掛けているとか…。
img_183506

天ぷらセット(写真上)の天ぷらはサクッと揚がっていて
各々の素材の香りと持ち味が楽しめます。
全て野菜の天ぷらなのですが、
物足り無さを全く感じさせません。
img_183205

一方、親子丼セット(写真上)の親子丼には
岩手県産の「あべどり」の鶏肉を使用。
鶏の臭みが無く、噛み応え抜群。噛む度に肉の旨味が口の中に広がります。
卵も濃厚でフワッと仕上がっています。
また、あんどさんの蕎麦の蕎麦粉は福井県産。
ノドごしも良く蕎麦好きにはたまりません。
人参ジュースは鮮やかなオレンジ色。
人参の甘みもあり一緒に入っているリンゴとの相性ぴったり!
年末には、美味しい「新蕎麦」が楽しめそうです
《記事・撮影/田尻昌久》
※記事内の価格は全て税込です
img_181901

蕎麦・創作料理 あんど
行田市天満3-13 P12
TEL 048-553-3110
営/ ランチ 十一時半~十四時
   ディナー 十七時半~二十一時半
休/月曜・第二火曜
あんど

※ ※ ※ ※ ※
株式会社ヨコカワ
行田セレモニー
家族葬専門ファミール
お葬式のヨコカワ通信
行田の美味しい店紹介
行田のお寺を訪ねて

毎回、はあとぴあ会員さんのお店を紹介するコーナー。
今回は、富士見町の国道125号線沿い、
行田中央病院のそばにある、チャイナハウス 珉珉(みんみん)さんです。
img_1538020305

店主の島村昌志さんが奥さんとお店を出されて四十年。
店舗は建て替えられて新しくなりましたが、
味は創業以来、何ら変わらずお客さんの支持を受け続けています。
誰しもが中華を連想する赤色が象徴的なお店の中は、
カウンターに5席、小上がりに6人掛けの卓が2つと3人掛けが1つ。
店内は、白が基調でとても明るい印象。
img_1525030402

「お勧めは?」と伺ったところ、
平日のランチタイムのメニューの中から
「若鶏の唐揚げ900円」と「タンメン720円」とのことで、即オーダー。
img_1528050204

若鶏の唐揚げ(写真上)の方は、
ライスとミニラーメン、サラダ、杏仁豆腐と一品(取材日は餃子)が付いてボリューム満点!
img_1527040503

タンメン(写真上)の方は、
ミニ炒飯または、ミニカレーに同様のサラダ、杏仁、一品が付き、こちらも大満足!
待っている間に、奥さんに伺ったところ、
珉珉さんのセットに付く杏仁豆腐・サラダすべてが手作り!
毎日の仕込みの時に、来客数の予想を立て作ることも醍醐味の一つとか…
また、メニューに使われている麺はすべて小松菜が練りこまれた、
淡い緑色の翡翠(ひすい)麺!これもイチから手作りと言うから驚き。

さて、食べての感想ですが、
秘伝のタレで味付けされた唐揚げは熱々でとてもジューシー!ライスも進みます!
一方タンメンは野菜も豊富で、翡翠麺と相まってビタミン不足解消!
麺もツルツル・シコシコで食感も抜群。麺との色合いも食欲をそそります。
また炒飯は、お口の中でパラッとフワッとほぐれます。
これで満腹になったら〝もったいない〟。
最後にデザートの杏仁豆腐をいただきます。
あっ…仮に〝満腹〟になっていても大丈夫!何せ、甘いモノは〝別腹〟ですから…
《記事・撮影/田尻昌久》
※記事内の価格は全て税込です
img_1540010101

チャイナハウス 珉珉
行田市富士見町2-17-2 駐車場8台
TEL 048-556-1717
営/11時半~14時 17時~21時
休/火曜・水曜
民民

※ ※ ※ ※ ※
株式会社ヨコカワ
行田セレモニー
家族葬専門ファミール
お葬式のヨコカワ通信
行田の美味しい店紹介
行田のお寺を訪ねて

毎回、はあとぴあ会員さんのお店を紹介するコーナー。
今回は押上町の中華料理屋さん「珍来(ちんらい)」さんです。

珍来さんは今年で創業39年。
先代から受け継いだ味を、
二代目の栁原秀夫さんが引退した先代と共に守り続けています。
img_263903

鮮やかなピンク色の庇をくぐって店内へと入ると早速、「ママさん」がお出迎え。
店内のレイアウトは手前に4人掛けのテーブル席が3ヶ所、奥側の小上がりに6人掛けの卓が3卓。
取材時刻はちょっとお昼から遅めに設定したのですが、店内はほぼ満席の状態。
「ママさん」のオススメもあり、
広東麺(780円 写真左奥)と酸辣湯麺(スーラータンメン)720円 写真右奥)。
遅お昼でお腹も減ったので、
ここはひとつ“ご飯物!”で えびチャーハン(720円 写真手前)の三品をオーダー。
img_119601

待っている間、メニューを見ていると珍来さんにはランチセットメニューもあり、
お好みの麺類+半チャーハンやミニ餃子などがお得なプライスで用意されています
(日曜・祭日除く。時間限定)。
さて、実食!「広東麺」はとても具沢山!
具材は人参・竹の子・ピーマン・きくらげ・白菜などの野菜と海老・イカなどの魚介類が、
トロみのついた熱々の中華あんの中で混ざり合い、絶妙なバランス。
野菜達も火が通り過ぎず、シャキシャキ感満載です。麺は〈太麺〉で歯応えもバッチリです。
「酸辣湯麺」の方も、白菜・しいたけ・きくらげなど野菜満載!
独特な酸味と辛みに玉子の舌ざわりが加わったピリ辛すっぱのスープと相まって一層、食欲を誘います。
一方、「えびチャーハン」は、とても懐かしい味。
塩加減も丁度よく、米粒も口の中でほぐれて、海老の歯応えもプリップリ!
味もさる事ながら、珍来さんで印象的だったのは、やはり〈人〉。
店の中で、お客さんを交えて会話するアットホームな雰囲気が、珍来さんの魅力です。
《記事撮影/田尻昌久》
※記事内の価格は全て平成27年取材時のもので税込です
img_120202
中華料理 珍来
行田市押上町16-11  TEL 554-6574
駐車場6台
11時半~14時半 17時~21時  休日 水曜
珍来
※ ※ ※ ※ ※
株式会社ヨコカワ
行田セレモニー
家族葬専門ファミール
お葬式のヨコカワ通信
行田の美味しい店紹介
行田のお寺を訪ねて

毎回、はあとぴあ会員さんのお店を紹介するコーナー。
今月は若小玉の国道125号沿いにある、おそば屋さん、そば処 「竹次(たけじ)」さんです。
img_085402

店主の落合 竹次さんが、現在の場所にお店を出されたのが14年前の事。
お店の外観は昔ながらのおそば屋さんと言う感じ。
入口の格子戸の脇に植えられた竹の青さが印象的。

店内は向かって右側の小上がりに四人掛けの卓が三卓。
中央に四人掛けのテーブルが二つ。左奥に調理場とシンプルなレイアウト。
img_086104

単品のうどん・そばも良いですが、ここはお約束のランチメニューの中から二品をオーダー。
一品目は、もりそばと野菜天ぷら・五目御飯(800円・写真上)。
二品目は、もりそばとカレーライス(850円・写真下)。
もりそばは、うどんに変える事も出来ます。
そばとうどん、いずれも落合さんの手ごね、手打ちによる物。
そば粉は主に北海道産の物を使用しているそうです。
国産そば粉を使った手ごねそば、おのずと期待も高まります。
img_085301

さて、頂いた感想ですが、その期待を裏切らず歯応え、のどごし共に大満足。
そばつゆは、少し甘めで鰹の風味も程よく、
そばの風味を消さず相性バッチリ!とてもバランスが良い感じ。
野菜の天ぷらはナスやカボチャなど野菜がさっくりと揚がっています。
また、五目御飯は、昔懐かしいおふくろの味という感じ。
生まれ故郷を思い出す人もいるかも?そ
して、カレーライスも竹次さんの隠された逸品!
落合さんは以前、洋食屋さんでの調理経験もあるのがその理由とか…。
いわゆる「おそば屋さんのカレー」とはちょっと違います。
なお、カレーうどん(そば)のつゆは、これとは異なるそうです。
そう聞くと興味津々。今度はそれを…
イヤ、そばは捨て難い…。では、その両方を! 
…それは、ウチのヨメが絶対に許しません…。
肥満対策で…。はぁ…(涙)

《記事撮影/田尻昌久》
※記事内の価格は全て平成27年取材時のもので税込です
img_086203
そば処 竹次
行田市若小玉2493-1 TEL 555-1177
駐車場4台
営 11時~13時半  不定休(ほぼ無休)
竹次MAP
※ ※ ※ ※ ※
株式会社ヨコカワ
行田セレモニー
家族葬専門ファミール
お葬式のヨコカワ通信
行田の美味しい店紹介
行田のお寺を訪ねて

毎回、はあとぴあ会員さんのお店を紹介するコーナー。
今回は城西の国道125号号沿いにあるラーメン屋さん城西食堂さんです。
zyosai0404
創業から約四十年。
ずっと同じ創業当時の味を守り続けています。
駐車場から、のれんをくぐって店内に入ると、
正面にカウンター席、左側にテーブル席右側には広々とした座敷席があります。
店内は明るく、とても清潔感があります。
zyosai0303
早速、店主 田中惠津子さんお勧めのAセット900円五目ラーメン800円を注文。
到着を心待ちに店内を見渡すと客層がとても幅広い!
お友達と思われるおじいちゃん、おばあちゃん四人連れもいれば、小さい子供連れの家族。
職人さんのグループやカウンターでひとりでラーメンを食べる営業マンの姿も…
マンガを読む人もいれば連れと談笑する人、
みなさん思い思いのお昼を過ごしています。
こんなに様々な人達が同じ所に集うお店も珍しいのではないでしょうか?  

さて、Aセットは城西食堂の定番・城西ラーメンと半チャーハンのセット。
zyosai0101
城西ラーメンは細めんか手打ち麺のいずれかの麺をお好みで選びます。
具材はとてもシンプルで、
ワカメ、なると、メンマ、絹さや、そしてチャーシューがトッピングされています。
昔懐かしいラーメンの王道と言った感じです。
厳選した煮干しと鶏ガラを使用したスープは醤油ベースでとても味に深みがあります。
チャーハンもこれまた懐かしく程良く塩が効いていて口の中でほぐれます。

一方、五目ラーメンは具材にハム、なると、メンマとワカメ煮卵とチャ-シューが入って、とても豪華。
zyosai0202
こちらは塩味がベースになっています。
各々の具材の食感と味がスープと良くマッチしています。

もちろん紹介した以外にもニラレバ炒め700円カレー620円など多彩なメニューがあり、
幅広い年齢層、職種の胃袋を満足させ、支持され続ける秘密を垣間見れた気がしました。

 《記事・撮影 田尻昌久》
※記事内の価格は全て平成27年取材時のもので税別です
zyosai0505
城西食堂(城西ラーメン)
行田市城西3-7-21
TEL 556-1027  駐車場15台
11時から14時 17時~21時   休日 水曜
城西食堂
※ ※ ※ ※ ※
株式会社ヨコカワ
行田セレモニー
家族葬専門ファミール
お葬式のヨコカワ通信
行田の美味しい店紹介
行田のお寺を訪ねて

↑このページのトップヘ