行田の美味しいお店紹介

埼玉県行田市の葬儀社ヨコカワの会員さんのお店を紹介します

カテゴリ: フライ・ゼリーフライ

はあとぴあ会員さんのお店を紹介するコーナー。
今回は、長野にある、フライ・焼そばのお店、里佳(さとよし)さんです。

お店を切り盛りしているのは、河野 浩子さんと関口陽子さんの女性ふたり。
おふたりは姉妹です。
sato0201

お店の歴史は古く、昭和五十三年に下忍団地近郊で姉妹のおばさんが初代里佳を開業。
河野さんたちはその頃からおばさんのお店を手伝っていました。
その後、おばさんは引退。
姉妹でお店を引き継がれ、現在の長野工業団地内に移って十年になるそうです。
今では〝町おこし〟の影響で行田市内でも頻繁に見かけるようになった『フライ屋』さんですが、
開業当時はまだ数も少なかったそうです。

そんな行田旧来からの〝フライ〟を伝承する里佳さん。
早速、フライと焼そばが一度に楽しめるミックス 中(500円)を注文しました。

焼き上がるまでの間、河野さんからお話をうかがいましたが、
面白いモノで、曜日によってお客さんの入りが違うそうで、
お客さんの多いのが金曜日だそうです。
金曜日=Frayday=フライデー= 「フライ」デー!
…ダジャレのようですが、
永年、お店を続けているおふたりが云うのですから恐らく本当なのでしょう… 
sato0102

…と言っている間に焼けました!
さて、そのお味は――-
フライは生地に二種類の粉を絶妙な割合でブレンドした物を使用している為か、
厚めで〈モチッ!〉とした食感。
お肉も玉子も入っていて、長ネギが多いのも◎! 
焼そばもキャベツはシャキシャキ。
脂っこ過ぎず、難なくノドを通っていきます。
また、驚かされたのは『お値段』。
フライ・焼そば共、サイズは大・中・小の三種で250円~400円。
これは開業当時から変わっていないそうです。
店内はカウンターで4席しかなく、
電話で注文を受け、お店に受け取りに来るお客さんが多いそうです。

「フラべぇ」の応援も無い頃から頑張っている里佳さん―― 
皆さん、お店を訪れる曜日は決まったでしょうか? 
先程の話、信じる・信じないは「あなた次第」です。
《記事・撮影/田尻昌久》
※記事内の価格は全て税込です
sato0303

フライ・ヤキソバ 里佳
行田市長野5-8-3
TEL 048-559-2217
営/十時半~十四時
休/火曜・第一水曜
里佳

※ ※ ※ ※ ※
株式会社ヨコカワ
行田セレモニー
家族葬専門ファミール
お葬式のヨコカワ通信
行田の美味しい店紹介
行田のお寺を訪ねて

葬儀社ヨコカワ(行田セレモニー・家族葬ファミール)の会員さんのお店を紹介するコーナー。
今回は鉄板焼の「わいず」さんです。
行田出身の社長・矢内聡郎さんが現在、地元埼玉県を中心に
十店舗を展開しています。

「わいず」さんの主力は何と言っても〈お好み焼き〉。
最近は〈鉄板焼〉にも力を入れ、
フジテレビの情報番組「アゲるテレビ」にも登場したそうです。
そんな「わいず」さんの行田店は、国道125号線沿いの若小玉にあります。
お店は他に展開中の店舗と同様、純和風。
〈浮き城〉の街らしく白壁が印象的です。
IMG_8046 (640x427)
店内は、テーブル席あり、座敷あり、
こちらも和風のシックで落ち着いた雰囲気。
平日の11時から15時までは、ランチメニューも用意されています。
waizu01
今回いただいたのは、ランチメニューの中から
行田ならではの「ふらい(大)セット」720円(写真)と
IMG_8055 (640x427)
定番の「特選・お好み焼きセット」990円。
IMG_8056 (640x427)
前者は、皆さんご存知のふらいにサラダとみそ汁が付き、
更にもうひと品をチョイスメニューの中から選びます。
後者は、6種類のお好み焼の中からひとつを選び、
先程のチョイスからひと品を選べます。もちろん、サラダ、みそ汁付きです。

さて感想は… 
ふらいセットの方は、まず、ふらいのボリュームにびっくり! 
大皿から更にはみ出す程の大きさ。
行田の定番と言った感じ。
お好み焼きセットの方は、真に「わいず」さん原点。
〈わいず天〉=豚肉・もち・チーズ・山芋のお好み焼きです。
両者とも、ソースの焦げた香りが食欲をそそります。
熱々でやっぱり専門店はソースも違いますネ… 
チョイスメニューは男性向け(?)にうどんか日替わりごはん、
女性向けに、こくまろプリン・珈琲サンデー・ヨーグルトサンデーからひと品選べるのも嬉しいトコロ。
大食いの男性、スイーツも食べたい女性にも配慮しています。
また、ランチの時間帯限定で、
「お好み焼き」・「ふらい」・「焼そば」のお持ち帰りも出来るそうです。
《記事・撮影 田尻昌久》 
わいず
フライ・お好み焼き わいず 行田店
行田市若小玉1860-1
P15台 ℡048-552‐0130
営業時間 11時~24時 年中無休
 
※ ※ ※ ※ ※
株式会社ヨコカワ
行田セレモニー
家族葬専門ファミール
お葬式のヨコカワ通信
行田の美味しい店紹介
行田のお寺を訪ねて

葬儀社ヨコカワ(行田セレモニー・家族葬ファミール)の会員さんのお店を紹介するコーナー。
今回は行田市真名板にある「富士宮やきそば 二基(にき)」さんです。
IMG_6280 (427x640)

皆さんは《富士宮やきそば》はご存知ですよね。
我々、行田人には、なじみの深い「行田焼ソバ」、
近県では「太田焼ソバ」など、
全国各地でそれぞれの焼ソバ文化が花開いています。
そんな中、かつてB1グランプリで数回の優勝歴を持ち、
ダントツの知名度を誇るのが富士宮焼ソバなのです。
誰でも店を開けば「富士宮やきそば」を名乗れる訳ではありません。
富士宮やきそば学会という団体が主催するアカデミーで研修し、
「麺」許皆伝を受けた者のみが名乗る事を許されるのです。
さて、その特徴は…
専用の麺を使用する。
油かす(富士宮では肉かすと呼ぶ)を使用し、
仕上げにいりこ(イワシなど小魚を炒って干した物を粉末状にした物)をふりかけるとの事です。
丁度、取材は昼時。
同行スタッフと共に「富士宮やきそば・大500円(写真)小400円」を注文しました。
yaki200_144

その感想は…
麺はシコシコと噛み応えがあり、
油かすが味に甘みを加え、
いりこが香ばしさを広げています。
埼玉に居ながらにして、
本場の味を楽しむ事が出来るとは!
「二基」さんでは、
野菜などを除くやきそばの麺・油かす・いりこは
すべて本場の富士宮から仕入れているそうです。
又、やきそばの他に、
「八戸せんべい汁600円」も頂けます。
IMG_6273 (640x427)

こちらも近年、B1グランプリを獲得しました。
実は野口さんの奥様・野口秀子さんは、
青森出身で、せんべい汁に入れている「せんべい」は、
グランプリ獲得後、
品薄になって困っていた所、
お兄さんが見つけてくれたそうです。
IMG_6278 (427x640)

こちらも青森直送です。
味はあっさりしていて、
せんべいの食感は想像と違って、
厚めのワンタンという感じ。
だしが染込み、熱々で寒い季節にぴったりです。
夏場、古代蓮の時期になると「古代蓮の里」、
秋には「忍城 時代まつり」と
移動販売もされているそうです。
静岡・青森の味が楽しめて、
ちょっと旅行に行けた様な…そんな取材でした。
《記事・撮影  ㈱ヨコカワ 1級葬祭ディレクター 田尻昌久》
富士宮

富士宮やきそば二基(にき)
℡559‐3283
行田市真名板1540-4  真名板薬師堂裏 Pあり
11時から14時 15時半から19時
月曜定休 ※月曜が祝祭の場合火曜休

※ ※ ※ ※ ※
株式会社ヨコカワ
行田セレモニー
家族葬専門ファミール
お葬式のヨコカワ通信
行田の美味しい店紹介
行田のお寺を訪ねて

葬儀社ヨコカワ(行田セレモニー・家族葬ファミール)の会員さんのお店を紹介するコーナー。
今回は本丸にあるフライ屋さん「かねつき堂」さんです。

IMG_8955 (640x427)

昭和63年に<行田市郷土博物館>が建てられ、かつての忍城の姿が再現されました。
それに伴い元々は国道125号を挟んだ東照宮の丘の上にあったかねつき堂も鐘自体にヒビが入り、
レプリカを造る為に鐘楼から外され、博物館内に安置されてしまい、
前の場所には時鐘のない古い建物だけが残されてしまいました。  
IMG_8961 (640x427)
さて、その鐘楼ですが、県内の川越では、すっかり街のシンボルとして定着しています。
それほど重要な建物、もちろん行田でも保存の声は根強く、
市外の寺社に移築という案も出ましたが、
かつて行田市役所に勤務されていた店主の大澤さんが
「市外に出すのは忍びない…」
と私財を投げ打ち現在の場所に移築し、
お店の屋号も「かねつき堂」としたそうです。

将来はこの鐘楼に鐘を吊って、
忍城とかねつき堂で除夜の鐘を突くのが希望だとか。

今回の取材では、
ふらい焼きそば卵入り(小)500円 と
ゼリーフライ(一人前2個)200円
をいただきました。
IMG_8970 (640x427) (2)
ふらい焼きそばは、ふらいで焼きそばを包んで、
両方を同時に楽しめます。
ふらいはソースだけでなく、お好みでしょう油も注文できます。
IMG_8972 (640x427)
ゼリーフライは、言わずと知れた行田のB級グルメ!
味の感想は、行田のお店には珍しく、とってもさっぱりとした味付け。
ふらい、焼きそばは油っこいという印象が払拭され、とてもヘルシーな感じ。
ゼリーフライはとても熱々で、やっぱり揚げたてがいちばん!
ちょっと小腹が空いたときのおやつに最適です。

博物館にも近く、ふらい、焼きそば、ゼリーフライが同時に食べられるお店が少ない事から、
県外の人や、テレビ等の取材も多いそうです。
IMG_8962 (640x427)

2代目店長の早瀬さ 巌さんの伝統の味を守る「食への情熱」、
店主の大澤さんの鐘楼を守った「郷土愛」が感じられる取材でした。
IMG_8975 (640x427) (2)
《記事・撮影 ㈱ヨコカワ 1級葬祭ディレクター:田尻昌久》 

IMG_8949 (640x427) (2)
 

フライ・焼そば・ゼリーフライ かねつき堂
埼玉県行田市本丸13-13  20台 5567811 営業時間 11時~18時 月定休  かねつき堂
お葬式の行田セレモニー
家族葬のファミール行田

株式会社ヨコカワ
埼玉県行田市行田11-33
℡048-556-6258

葬儀社ヨコカワ(行田セレモニー・家族葬ファミール)の会員さんのお店を紹介するコーナー。
今回は佐間のフライ屋・まめの木さんです。

フライと言えば、我々行田人にとってはソウルフードと言っても過言ではないでしょう…
店主の藤野照子さんが今は亡きお母様と共に「まめの木」をオープンさせたのが、平成17年の事。
今年で八年目になります。

お店をはじめるきっかけのひとつは、
昔、お母様がおやつに焼いてくれたフライの味。
「おふくろの味」への思い出だったと言います。
そう語る藤野さんの足元に眼を移せば、これまた行田人らしく、キラリと光る足袋姿。

IMG_4132

さて、メニューは「モチモチッ」とした食感と、
3種のソース・だし汁・お酒を絶妙300円と
これも具沢山の焼きそば350円。
フライと焼きそばの両方を一緒に楽しめるミックス500円。
IMG_4139

そして元々は藤野さんが「まかない」として食べていた物を
常連さんの要望で二年前からメニューに追加された腹持ちのよいそばめし500円。
 

注文を受けた藤野さんが、颯爽とフライを焼き始めると、
店内にはソースの焦げる香ばしい匂いが充満し、
食欲は最高潮に達します。
藤野さんの人柄とフライの味が忘れられず、
ご近所の常連さんは元より、遠くは桶川・大宮からも足を運ばれる方がいるそうです。
ただし、藤野さんお一人で店を切り盛りされている為、
日祝の混雑時にはご注文を承る事ができないこともあるので、前もってお問合せ下さい。

「フライ」の原点は、足袋作りの女工さん達の「おやつ」と言われています。
日中のの穏やかな午後、お店近くの埼玉古墳群などにお出かけの際に、立ち寄ってはいかがでしょうか?
《記事・撮影 ㈱ヨコカワ 1級葬祭ディレクター:田尻昌久》 
IMG_4144

フライ まめの木
℡556‐1446
◆行田市佐間3‐4‐5 さきたま古墳公園から北へ500M。駐車場あり。
◆営業時間  11時から15時   定休日 火・水曜日

豆の木
お葬式の行田セレモニー
家族葬のファミール行田

株式会社ヨコカワ
埼玉県行田市行田11-33
℡048-556-6258

↑このページのトップヘ