葬儀社ヨコカワ(行田セレモニー・家族葬ファミール)の会員さんのお店を紹介するコーナー。
今回は秩父鉄道「行田市駅」駅前ロータリー近くにある焼肉屋さんの
崔家(さいや)さんです。
IMG_0288 (800x533)
崔家さんの前身は先代が始められた「大昌館」と言う焼肉屋さんで、
行田で開業して約五十年になるそうです。
その頃はまだ、「焼肉店」と言う店自体が珍しい存在だったそうです。
この大昌館と言う名は現在も「屋号」として残されています。

「壷漬焼肉」と大きく書かれた看板横の朱色のドアをくぐって一歩、店内に踏みいると、
朱色と黒を基調とした異国情緒たっぷりの内装。
先程、店に入った際に、焼肉の本場韓国に入国したのかと錯覚するくらいです。
私も初めて知りましたが、
焼肉店にはタレに八丁味噌をベースに使う「関西系」と醤油を使う「関東系」があるそうで、
「崔家」さんは「関西系」に属し、
その特徴としては、「ご飯によく合う!」とか…

早速、カルビ九〇〇円、ハラミ七〇〇円、カシラ五〇〇円とチヂミ(豚キムチ)八〇〇円を注文。
チヂミは言わずとして知れた韓国風のお好焼き。
IMG_0255 (800x533)
更にマッコリ(ボトル)一四〇〇円も発注しお肉の到着を待つ間、
キムチ四〇〇円を肴に飲む事に!
このマッコリも韓国直輸入だそうで、飲んだ感想は口あたりが良くくて丁度良い甘さ。
でも、その甘さがキムチの辛さを良く引き立てます。
IMG_0251 (800x533)

そうこうしている間に待望のお肉が到着!。
予想した姿と違い、皿の上に盛ってではなく、壷の中に漬かっています。
ここで店の入り口横の看板の意味を納得。
その壷からお肉を出しながら炭火で焼いていただきます。
排煙装置もしっかりしていて煙も気になりません。
お肉は「壷」の中でしっかりと味が付き、小皿のタレは不要なくらい。
柔らかいが噛み応えもあり、
炭で焦げた味噌ダレの香りが食欲をそそります。
IMG_0256 (800x533)

チヂミはピリ辛で香ばしくて、こちらもマッコリとよく合います。
店主の鈴木さんによれば、チヂミは五種あり、
ジャガイモ八〇〇円が隠れた人気だとか… 

行田で半世紀の歴史を誇る崔家さん。
地元で韓国気分を味わえて、お腹も満足。
ホロ酔いで気分も大満足!の取材でした。 
《記事・撮影 ㈱ヨコカワ 1級葬祭ディレクター田尻昌久》  
崔家
壺漬焼肉 崔家8さいや)
行田市中央9 -18  P3台
  ℡556‐0114
 17時30分~23時 月定休

※ ※ ※ ※ ※
株式会社ヨコカワ
行田セレモニー
家族葬専門ファミール
お葬式のヨコカワ通信
行田の美味しい店紹介
行田のお寺を訪ねて