行田の美味しいお店紹介

埼玉県行田市の葬儀社ヨコカワの会員さんのお店を紹介します

葬儀社ヨコカワ(行田セレモニー・家族葬ファミール)の会員さんのお店を紹介するコーナー。
今回は秩父鉄道「行田市駅」駅前ロータリー近くにある焼肉屋さんの
崔家(さいや)さんです。
IMG_0288 (800x533)
崔家さんの前身は先代が始められた「大昌館」と言う焼肉屋さんで、
行田で開業して約五十年になるそうです。
その頃はまだ、「焼肉店」と言う店自体が珍しい存在だったそうです。
この大昌館と言う名は現在も「屋号」として残されています。

「壷漬焼肉」と大きく書かれた看板横の朱色のドアをくぐって一歩、店内に踏みいると、
朱色と黒を基調とした異国情緒たっぷりの内装。
先程、店に入った際に、焼肉の本場韓国に入国したのかと錯覚するくらいです。
私も初めて知りましたが、
焼肉店にはタレに八丁味噌をベースに使う「関西系」と醤油を使う「関東系」があるそうで、
「崔家」さんは「関西系」に属し、
その特徴としては、「ご飯によく合う!」とか…

早速、カルビ九〇〇円、ハラミ七〇〇円、カシラ五〇〇円とチヂミ(豚キムチ)八〇〇円を注文。
チヂミは言わずとして知れた韓国風のお好焼き。
IMG_0255 (800x533)
更にマッコリ(ボトル)一四〇〇円も発注しお肉の到着を待つ間、
キムチ四〇〇円を肴に飲む事に!
このマッコリも韓国直輸入だそうで、飲んだ感想は口あたりが良くくて丁度良い甘さ。
でも、その甘さがキムチの辛さを良く引き立てます。
IMG_0251 (800x533)

そうこうしている間に待望のお肉が到着!。
予想した姿と違い、皿の上に盛ってではなく、壷の中に漬かっています。
ここで店の入り口横の看板の意味を納得。
その壷からお肉を出しながら炭火で焼いていただきます。
排煙装置もしっかりしていて煙も気になりません。
お肉は「壷」の中でしっかりと味が付き、小皿のタレは不要なくらい。
柔らかいが噛み応えもあり、
炭で焦げた味噌ダレの香りが食欲をそそります。
IMG_0256 (800x533)

チヂミはピリ辛で香ばしくて、こちらもマッコリとよく合います。
店主の鈴木さんによれば、チヂミは五種あり、
ジャガイモ八〇〇円が隠れた人気だとか… 

行田で半世紀の歴史を誇る崔家さん。
地元で韓国気分を味わえて、お腹も満足。
ホロ酔いで気分も大満足!の取材でした。 
《記事・撮影 ㈱ヨコカワ 1級葬祭ディレクター田尻昌久》  
崔家
壺漬焼肉 崔家8さいや)
行田市中央9 -18  P3台
  ℡556‐0114
 17時30分~23時 月定休

※ ※ ※ ※ ※
株式会社ヨコカワ
行田セレモニー
家族葬専門ファミール
お葬式のヨコカワ通信
行田の美味しい店紹介
行田のお寺を訪ねて

葬儀社ヨコカワ(行田セレモニー・家族葬ファミール)の会員さんのお店を紹介するコーナー。
今回は谷郷郵便局裏手に去年九月にオープンした「うどん・蕎麦工房 三昧(ざんまい)」さんです。
IMG_0184 (640x427)
オープンして約1年ちかく、小さな静かなこのお店、
なんと店主の小林 啓一さんが趣味で始めたと言うから驚きです。

元来、多趣味でいらした小林さん。
ゴルフやスキー、そして、このうどん、蕎麦打ち。
それらの趣味を通じて知り合ったお仲間に、機
会があると「うどん、蕎麦」を振舞い、
その方々からの後押しもあり、お店を開くことになりました。
IMG_0194 (640x427)
民家を一軒、丸々リフォームしただけあって、
ガラス張りの麺打処もあり、
客席は座敷十人とテーブル六人と四人の個室と、店内は明るい雰囲気。
早速「肉汁うどん」550円と「もりそば」700円を注文。
他のメニューとしては「きのこ汁うどん」550円や「もりうどん」450円など。
他に季節限定の品もあり、四季を楽しむ事もできます。
また、席に着くと小林さんの奥さん手作りの、
旬の野菜を使った煮物が「お通し」として出され、こちらも季節感たっぷり。
IMG_0192 (640x427)
そうこうしている間に注文した2品が到着。
肉汁うどんは熱々の肉汁に冷たいうどんをつけて食べるスタイル。
うどんは、つるつる、しこしこで歯ごたえも良く、肉汁との相性良く、
とても美味しくいただきました。
IMG_0187 (640x427)
もりそばは、蕎麦の風味をそばつゆが引き出すスタイル。
蕎麦独特のノド越しが楽しめます。
小林さん、粉にはこだわりがあり、
そばには北海道産の「深山」と言う蕎麦粉を使用しているそうです。
IMG_0191 (640x427)
元々、ご近所お仲間との憩いの場として「三昧」を作られた小林さん。
お仲間同士の口コミで徐々にお客様が増えたとか…。
更に多くの方々から会合や集いの要望があり、
新たに1000円~2000円のコースを始めたそうです。
こちらは、5名以上で3日前までの「予約」が必要ですが、
近々お仲間との会合の予定がある方は是非「三昧」さんまでお問合せください。
《記事・撮影 ㈱ヨコカワ 1級葬祭ディレクター田尻昌久》   
三昧
うどん・蕎麦工房 三昧
行田市谷郷1 -13-29  P8台
℡048-556-2822
営業日 水・木・金・土曜日
11時30分~13時30分
※他の曜日・時間 相談可

葬儀社ヨコカワ(行田セレモニー・家族葬ファミール)の会員さんのお店を紹介するコーナー。
今回は持田の当社、行田セレモニー会館の近くにあるお寿司屋さん「鮨 江戸屋」さんです。
IMG_1945 (640x427)
店主の中川 喜靖さんがこの場所にお店を構えられたのが26年前の事。
それ以前にも同じ持田の別の場所で九年程、お店を営まれていたそうです。
その前の修業時代を入れると約40年以上も「お寿司屋の世界」に携わっている計算になります。
ところが中川さん、元々は「洋食」を志し、
洋食の老舗として名高い「銀座 スエヒロ」で最初の修業を積まれたそうです。
昭和37年に修業を終えて実家の割烹料理屋さんに戻ったところ、
当時、行田はとても景気がよく家業を手伝うよう、
ご両親から頼まれたのがこの世界に身を置くきっかけになったそうです。
この御実家も老舗で、ここからのれん分けされて独立した行田のお寿司屋さんも少なくないそうです。
昔も今もお店の事を一人でこなされている中川さん。
仕入れはいつも御自身で魚市場まで行かれるそうです。

今回の取材では「握り寿司 上」1500円と、
「ちらし重 上」1500円を頂きました。
握り寿司(写真下)は、ネタと飯(しゃり)のバランスも良く丁度いい大きさ。
しゃりも硬すぎず、柔らかすぎず、巧みにほぐれる感じ。
ネタも新鮮で、鮪も脂がのってます。
卵焼きもしっとり柔らかくジューシーです。
IMG_1940 (640x427)
一方、ちらし重(写真下)の方も、
握りずし同様、新鮮でイクラの粒も大きいです。
やはり江戸前寿司はネタの新鮮さと、しゃりの食感が命。
どちらも長年の経験がなければ完成されません。
IMG_1938 (640x427)
カウンター越しに話される中川さんは、飾らずとても気さくな方。
お寿司の方も、何も飾らずネタとしゃりで勝負。
正直で真っ直ぐな中川さんのお人柄が伺える取材でした。
IMG_1941 (640x427)
また、「江戸屋」さんには、20人程度が座れる座敷きもあり、
予算、応相談で、ご宴会も可能です。是非! 
《記事・撮影 ㈱ヨコカワ 1級葬祭ディレクター田尻昌久》
edoya
行田市持田2‐15-8 
℡048-553-1000
11時~20時30分 火定休 P8台
※ ※ ※ ※ ※
株式会社ヨコカワ
行田セレモニー
家族葬専門ファミール
お葬式のヨコカワ通信
行田の美味しい店紹介
行田のお寺を訪ねて

↑このページのトップヘ