行田の美味しいお店紹介

埼玉県行田市の葬儀社ヨコカワの会員さんのお店を紹介します

毎回、はあとぴあ会員さんのお店を紹介するコーナー。
今回は城西の国道125号号沿いにあるラーメン屋さん城西食堂さんです。
zyosai0404
創業から約四十年。
ずっと同じ創業当時の味を守り続けています。
駐車場から、のれんをくぐって店内に入ると、
正面にカウンター席、左側にテーブル席右側には広々とした座敷席があります。
店内は明るく、とても清潔感があります。
zyosai0303
早速、店主 田中惠津子さんお勧めのAセット900円五目ラーメン800円を注文。
到着を心待ちに店内を見渡すと客層がとても幅広い!
お友達と思われるおじいちゃん、おばあちゃん四人連れもいれば、小さい子供連れの家族。
職人さんのグループやカウンターでひとりでラーメンを食べる営業マンの姿も…
マンガを読む人もいれば連れと談笑する人、
みなさん思い思いのお昼を過ごしています。
こんなに様々な人達が同じ所に集うお店も珍しいのではないでしょうか?  

さて、Aセットは城西食堂の定番・城西ラーメンと半チャーハンのセット。
zyosai0101
城西ラーメンは細めんか手打ち麺のいずれかの麺をお好みで選びます。
具材はとてもシンプルで、
ワカメ、なると、メンマ、絹さや、そしてチャーシューがトッピングされています。
昔懐かしいラーメンの王道と言った感じです。
厳選した煮干しと鶏ガラを使用したスープは醤油ベースでとても味に深みがあります。
チャーハンもこれまた懐かしく程良く塩が効いていて口の中でほぐれます。

一方、五目ラーメンは具材にハム、なると、メンマとワカメ煮卵とチャ-シューが入って、とても豪華。
zyosai0202
こちらは塩味がベースになっています。
各々の具材の食感と味がスープと良くマッチしています。

もちろん紹介した以外にもニラレバ炒め700円カレー620円など多彩なメニューがあり、
幅広い年齢層、職種の胃袋を満足させ、支持され続ける秘密を垣間見れた気がしました。

 《記事・撮影 田尻昌久》
※記事内の価格は全て平成27年取材時のもので税別です
zyosai0505
城西食堂(城西ラーメン)
行田市城西3-7-21
TEL 556-1027  駐車場15台
11時から14時 17時~21時   休日 水曜
城西食堂
※ ※ ※ ※ ※
株式会社ヨコカワ
行田セレモニー
家族葬専門ファミール
お葬式のヨコカワ通信
行田の美味しい店紹介
行田のお寺を訪ねて

毎回、はあとぴあ会員さんのお店を紹介するコーナー。
今回は熊谷市太井の国道17号沿いにあるそば屋とホルモン店を併設している「澤(さわ)」さんです。

オーナーの澤田好司さんが、「そば・和食処 澤」としてこの場所にお店を出されて今年で11年になります。
お店の外観は純和風でいかにも和食屋さんという感じ。
駐車場には「鬼」をデザインにした看板があり、これも目印です。
img_076203

店内も座敷席ありテーブル席もありで、こちらも純和風。
とても落ち着いた雰囲気で、ゆっくりと食事が楽しめます。
img_078604
お勧めは?とお聞きした所、おに天そば950円との事なので、即オーダー。
さらに、田舎汁うどん600円の計二品を注文。
時刻はちょうどお昼時。
先程まで数名しかいなかったお客さんも徐々に増え、やがてほぼ満席に…。
澤田さんの奥さんに聞くと、近隣の会社などから歩いてランチに来る人が多いそうです。
000202
そうこうしている間に立て続けにオーダーしたそばとうどんが到着。
どちらも、その盛りの良さにびっくり!
onitensoba2
おに天そばの名の由来は、
正に「オニ」の様に天ぷらとそばが盛られているコトでしょうか?
天ぷらは、なす・南瓜・さつまいも・いんげん・海老・イカの6種類!
そのどれもが揚げたてのホクホク&サクサク。
海老はプリプリ、イカも柔らかです。
そばは栃木県日光産のそば粉を使用していて、
平打ちでコシもしっかりして噛み応えがあります。
量も味も大満足。
inakaziru2
一方、田舎汁うどんの方は、
温かい醤油ベースの田舎汁にうどんを浸して食べるシンプルな一品。
具材でしめじや油あげが入っていて、
うどんもツルツル・シコシコで歯応えがとても良く、
どこか懐かしいホッとするお味です。

また、「澤さん」で驚かされるのは、メニューの品揃えの多さ。
寒い季節、「鍋焼きうどん」・「ほうとう」など、とても気になる物ばかり!

次に向かったのは隣の「ホルモン 澤」さん。
こちらをオープンしたのは二年前。
「そばの澤」さんと駐車場は共用で、開店は午後六時。
夜間のみの営業となります。
000505102

店内はテーブル席のみでカウンターを含め約二十席。
狭すぎず広すぎず丁度良い広さ。
気が置けない友人との会食に最適です。 
000101205

一般的にホルモン焼というと、店内が煙もうもう――。
というイメージ(それはそれでいいのですが…)で女性に敬遠されがちですが、心・配・御・無・用。
ホルモン 澤さんでは、
排煙装置がガスコンロの真上に設置されていて煙はほとんど気になりません。
女性やお子様連れでも大丈夫です。
000404 (1280x853)
メニューの品揃えも豊富。
肉、ホルモン、常時十六種。
価格の一例としては、白もつ350円、ハツ350円、かしら380円など。
早速、澤セット1800円(写真)をオーダー。
ホルモン4点と豚カルビが一皿に盛られ一度に5種類のお肉が楽しめます。
取材時の4種の内訳は、白もつ、かしら、レバー、ハツでした。
000202106
どれも色が良く新鮮です。
他に、大根サラダ500円、鳥せせり(希少部位)とナンコツ。
いずれも350円もオーダー。
さあ!焼き始めます!
00030301
ホルモンは、やはり焼いている間のジュージュー音と漂う香りがたまりません。
焼き上がった物から、自慢の自家製の味噌ダレをつけていただきます。
甘辛くてゴマの風味もあり、熱々のホルモンに良く合います。
一方、ナンコツと鳥せせりはタレにつけず、そのまま塩味で頂きます。
せせりは鶏の首の部分。
コリコリ・シコシコの歯応えでとても美味。  
こうなると欲しいのは飲み物。
澤さんはアルコール類も豊富。
お勧めは… 生ビール(メガ)900円!自信のある方は是非!

 《記事・撮影 田尻昌久》
※記事内の価格は全て平成27年取材時のもので税別です
000101

そば 和食 ホルモン 澤
熊谷市太井1446-1
℡048-524-883
《そば》11:30~14/18~21
《ホルモン》18~21時
月・火休 駐車場10台
sawamap
※ ※ ※ ※ ※
株式会社ヨコカワ
行田セレモニー
家族葬専門ファミール
お葬式のヨコカワ通信
行田の美味しい店紹介
行田のお寺を訪ねて

毎回、はあとぴあ会員さんのお店を紹介するコーナー。
今回は門井町にある
スープカリー&カフェNeco (ネコ)さんです。
neko01
スープカレー(カリー)は札幌が発祥地とされ、
専門店としてお店を構えるのは埼玉でも珍しい存在。
店長の金子知弘さんがここにお店を出されて今年で五年目を迎えるそうです。
neko04
アジアンテイストの入り口から中に入ると、
店内も東南アジア?を思わせる洒落た雰囲気。
テーブルの上にある置き物の象も可愛くて、
女性のお客さんが多いのも納得です。
イスに座って、早速注文。
まずはカレーのベースとなるスープを、
トマト・ココナッツ・和風の三種からひとつ選びます。
次に、チキン・ポーク・ベジタブルなどメニューからお好みの具材を選び、
更にカレーの辛さを選びます。
取材時は、平日限定のレディースランチ(ポーク)1350円と
neko03

チキンカリー990円をオーダーしました。
neko02
どちらもご飯を+50円で「古代米」に変更しました。
ランチの方は、トマトスープ。
具材は990円のカリーから選ぶのでポークに。
+360円でサラダ・ドリンク・デザートが付きます。
辛さは、記者Kが辛いが苦手の為「0」に… 
尚、辛さの度合は0~30まであり、
「1」がルーカレーの中辛くらいだそうです。
チキンの方は、+80円でココナッツスープ、
辛さは、ちょい辛?の「3」。

感想は、
ランチ(ポーク)は、酸味の効いたトマトベースのカレーに
大きな豚の角煮と玉子、ニンジン、オクラなどの基本野菜も入っており、
辛さは「0」でも、物足りなさを感じさせません。
チキンカリーも基本野菜と骨付きのチキンレッグが入っていて、
ココナッツスープの為、味に深みと甘みが感じられ、
食感もまろやかになっています。
辛さを「3」にしましたが、
スパイシーな辛さをココナッツが優しく包み込んだ様に感じられました。
また、白米からチェンジした「古代米」にもご注目。
写真でも解る通り、
行田ならではの「前方後円墳」型に盛り付けられています。
食感はもちもちした感じ。
田んぼアートにも使われているいわゆる「赤米」です。

今年もいつの間にか秋を通り過ぎ、寒くなって来ました。
涼しい秋の夜長に熱々のスープカリーはいかがでしょうか?
《記事・撮影 ㈱ヨコカワ 1級葬祭ディレクター田尻昌久》  
NecoMAP

スープカリー& カフェ Neco
行田市門井町1 -12—10   P10台
℡553‐4891  第2水定休
平日 ランチ  11時から15時 ディナー 17時半~21時半
土日祝 ランチ  11時半から15時半 ディナー 17時~22時
※ ※ ※ ※ ※
株式会社ヨコカワ
行田セレモニー
家族葬専門ファミール
お葬式のヨコカワ通信
行田の美味しい店紹介
行田のお寺を訪ねて

↑このページのトップヘ